「強迫を治す」(本)の鉄則、実はピンと来ません・・

(鉄則)

①(強迫に)時間、空間、エネルギーを与え

ない。

②逃げない、繰り返さない、巻き込まない、

ググらない。

③2回ルール。

 

強迫症状で頭が働いていない時でも唱えられ

るよう、呪文のように覚えてもらうことを想

定した言葉・・とされていますが、実際に頭

が働いていないときに唱えても、その状況か

ら抜け出す原動力にはなりません。

強迫症状と闘っているときに呪文のように唱

えるとしたら③の2回ルールくらいで、①②は

具体性に欠け、抽象度が高すぎて唱えてもピン

と来ません。

 

あくまで基本原則として覚えておくもので、呪

文として覚えておくものではないように思いま

す。おそらくピンと来る人もいるのでしょうが、

やはり強迫症状様々、個性も様々で、しっくり

くる言葉はそれぞれちがうように思います。

 

そういえば森田療法の「あるがまま」も、いつ

もまで経ってもピンと来ませんでした。私の頭

が悪いのかもしれませんが、「あるがまま」が

ストーンと腹落ちする人も少数派であるように

思います。

 

ちなみに「何も問題が見出せない、だからどう

しようもない」という言葉で、窮地から脱する

のも私だけで、他の方も使えるとは思っていま

せん。

 

インドのほうの呪文の捉え方だったと思います

が・・呪文は使うたびにその効力が薄れていく、

なので秘蔵の呪文は、いざというときに備えて

常々は使わないようにしておく・・といったお

話がありました。

 

おそらく私のNASAワッペンのTシャツも、宇宙

飛行士の映画を観て鼓舞されている間は有効で

も、いずれ効力を失うでしょう。迷彩服も「俺

ランボー、このジャングルを抜け、生還する

のだ・・」と妄想できるうちは有効ですが、そ

れも長くは続かないでしょう。

 

呪文も、NASAのワッペンも絶対的効力のあるも

のではありません。抗うつ剤は継続的に精神を底

上げをしてくれているのかもしれませんが、絶対

的な効力はありません。結局はあの手この手、そ

の人にとっての有効な方法を模索し続けるしかあ

りません。

 

もし若い方で、恋人ができ、その恋人とどうして

USJに行きたいと思ったら、それが最強の方法と

なるでしょう。

 

鬱30年、強迫15年・・いまだ絶対的な呪文は見出せ

ていません。オン・マリ・シエイ・ソワカ・・

俳優・佐藤二郎氏、強迫性障害を公表。

佐藤二郎氏、テレビを観ない私でも知っている

ということは、かなり知名度が高いと思います。

その方が強迫性障害を公表したことで、強迫の

認知度が上がりそうです。

 

鬱、パニック障害などは、症状をイメージしや

すいこともあり認知度が高く、また鬱では障害

年金の受給も可能です。

 

私は30年ほど前から鬱に罹患、また15年ほど前

から強迫を合併しており、現在、外出困難レベ

ルの症状がありますが、障害年金はもらえませ

ん。主な理由は、メインの症状が強迫性障害

からです。強迫は現時点で、社会生活を阻害す

る病気としては認知されていません。

 

佐藤氏の症状の詳細はわかりませんが「メモを

取らないと強い不安に襲われる」といった情報

がネット上にあります。その症状だけ聞けば、

日常生活を大きく阻害するイメージは湧きにく

いですが、実際は症状が手を変え品を変え日常

生活を侵食していくので、本人の自覚的には綱

渡り的危うさだと思います。

 

本人の投稿によると・・

「病、キツイ、マジでキツイ・・(中略)僕は

生きるか死ぬかで、全身全霊で生きる」とのこ

と。つまり生きるか死ぬかレベルの問題である

ということ。その後、病を含め自分であること、

病ゆえの力を信じよう、といったポジティブ発

言も認めますが、苦しい中、精一杯自分に言い

聞かせているのだと思います。

 

20年程前、たまたま観たドラマに佐藤氏が出演

しており、強く印象に残っています。もしかす

ると彼の中に自分と同類を見出したのかもしれ

ません。随分面白い俳優さんがいるな、と思い

ました。

 

佐藤二郎さんの今後の益々の活躍を祈っていま

す・・

強迫性障害の不安が時間の経過と共に下がるお話・・

「強迫を治す」という本によらず、不安は

数時間以内に必ず終わりが訪れ、ただの錯

覚だったことに気付きます・・といったお

話がありますが、実際はそうでもありませ

ん。

 

不安は軽減するかもしれませんが「ただの

錯覚だったと気付く」レベルには、そう簡

単に至りません。本当に数時間以内に終わ

りが来るのなら、それを何度か経験するう

ち自信がついてくると思います。しかし、

現在でも私は自信がありません。

 

つまり強迫に罹患はしていても、脳が正常

に働いていれば不安は数時間で治まる、と

いうことであって、脳が正常に働いていな

ければ、それがしつこく続くように思いま

す。

 

過去に不安を半年以上引きづったことがあ

ります。確かに不安は軽減したかもしれま

せんが、終わることはありませんでした。

こうなると、強迫が重度、もしくは脳が機

能不全を起こしている状態と思われるので

、療養を要する状態なのでしょう。

 

また1ヶ月を目安に休憩した後、行動療法

を開始・・といったお話もありますが、1ヶ

月で脳の機能不全が改善するとも思えませ

ん。

 

ただ私の場合、抗うつ剤を30年近く服用し

ているので、そもそも脳機能が正常化する

かわかりません。

 

時間をかければ、改善がゼロということは

ないでしょう。ただ、現在進行形で抗うつ

剤を服用しており、脳が強迫というストレ

スにさらされているので、一筋縄ではいか

ないような気がします。

 

ちなみに・・

半年引きずった不安は、朝、自転車で駅に

向かっていたときのこと。道を渡る高齢男

性の間近を通りました。やや危ないと感じ、

振り向いて確認をしようかしまいか迷いま

したが、電車の時間もあるので、そのまま

駅に向かいました。その後、不安と後悔が

始まりました。「あ~あのとき振り向いて

確認しておけば、これほど不安に思うこと

もなかったのに・・」と。その後、半年経

っても、その道を見に行き、警察の貼り紙

や、自転車と歩行者の衝突事故があったと

伺わせる痕跡を探すのをやめられませんで

した。

 

同様に半年近く引きずった不安として、職

場(病院)で、患者さんの腰椎けん引をし

たのですが、牽引力の数値を確認したいと

思いながら忙しく確認できないままけん引

は終わってしまいました。その後「まちが

ったキロ数でけん引したのではないか?あ

~あのとき確認しておけば」と不安と後悔

を抱えることになりました。

 

患者さんのけん引に関しては、3ヶ月ほど経

った頃、どうにも頭から離れず、催眠療法

できるカウンセラーさんに、催眠でそのとき

の牽引力の数値を思い出させてほしい、とお

願いしました。しかし、カウンセラーさんか

らは、それは典型的な強迫性障害なので、催

眠療法ではなく普通のカウンセリングを受け

るべきと諭されました。

 

その後、カウンセリングは数回受けましたが、

これといって改善を認めないまま、仕事の忙

しさもあり、通わなくなりました。

 

やはりなかなか難しい・・

私がしてきた気功、つまり強迫には効果が無さそうな功法3選。

小周天

②ぷるぷる気功

白隠の呼吸法

 

体幹の前後面をグルっと周るニン脈と

トク脈という太い経絡に気を通す功法。

諸説あってどれが正しいのか不明。どち

らにしろ効果があれば正解となりますが、

いまのところ効果はないので不正解の様

子。丹田で発生させた気をグルっと1周回

します。熱感を回す人もいれば、イメージ

を回す人もいます。私は実感としてモワ~

っとしたものが回っている感じはしますが、

それがはたして気であるのか、意識でしか

ないのか、イメージによる産物なのかわか

りません。現在でもしつこく回しています

が、少なくとも強迫は治りません。

 

②体を振動させる気功です。個人的には便

秘改善にしか効果を感じません。現在も毎

日していますが、少なくとも強迫は治りま

せん。

 

白隠の呼吸法(呼び方は様々)、過去に5

年程していました。「気海丹田腰脚足芯、

これまさに本来の面目、面目何の鼻孔かある

・・」といった、今一つ意味のわかりにくい

文言を唱えながら呼吸法を繰り返します。寝

入りばなに効果的とのことで、当時の私は睡

眠障害で2時間ごとに目が覚める感じだったの

で、一晩に3回はこの功法をしていました。つ

まり回数的には1年で3年分してしまうわけで、

それを5年ほどしていたわけですが、強迫が治

ることはありませんでした。つまり、この功法

の効果以上に睡眠障害が精神に悪影響を及ぼし

た可能性もあります。また鬱と強迫の症状を抑

えて仕事を続けており、また実家からは精神疾

患を認められず追い出される感じで、職場に寝

泊まりしていました。状況的に、多少の効果の

ある功法であったとしても、それを上回るスト

レスはあったと思います。

 

その他、太極拳、錬気功など、3ヶ月から半年で

手応えを感じずやめたので、同様にあまりお勧め

できません。

 

元同僚に、太極拳歴20年がいましたが、あくまで

太極拳がうまいだけであって、健康だとか、精神

的に落ち着いているとか、そういった徴候は感じ

ませんでした。少なくとも職員としてはイマイチ

だったので、太極拳の印象もあまり良くありませ

ん。

 

やはり普通にゲーム性のあるスポーツをしている

人のほうが健康的で、精神的にも落ち着いている

感じがします。

 

結局、お勧めの気功というものはなく、だからと

いってヨガや禅が良いかというとそうでもないと

思います。

 

ヨガの誤解としては、本来健康法ではなく、悟り

に至るための修行法の一環なので、副産物として

病気が治る場合もあるかもしれませんが、それを

目的にするものではないように思います。

 

禅系統のお坊さんは巷にたくさんいらっしゃいま

すが、健康だとか、精神的に落ち着いている、と

いったことは特にないと思います。禅も、極まれ

に天才的な人が悟りに近いような状態になるらし

いですが、多くの場合、これといって変化はない

と思います。

 

継続は力なり・・でもないような気が・・

強迫性障害の条件付け。強迫観念をスルーできるときはスルー、できないときは声かけするがベター。

このところ、確認が止まらなくなったとき、

「何も問題が見出せない、だからどうしよう

もない」と自分に声かけし、その状況から抜

け出しています。

 

では、確認せずにスルーできそうな状況であ

っても「何も問題が見出せない・・」と声か

けし、その場を離れる練習をすることで、”そ

の声かけをすれば、抜け出せる”という条件付

けができるのではないか?と考えていました。

 

また、スルーできそうな状況であれば、声か

けもせずに、そのままスルーしたほうが、”気

になってもスルーする”という条件付けになる

のでは?とも考えていました。

 

どちらがベターか思い出しては迷っていまし

たが、先日カウンセラーさんに聞いたところ、

”スルーできるなら、声かけせずにスルーした

ほうが良い”とのアドバイスをいただき、今後

自分への声かけはスルーが難しい場合のみにす

ることにしました。

 

人間は高等な動物ですが、条件反射からは解

放されていません。くだらないと思われる条

件付けが意外と大きな影響をもたらす場合が

あります。条件反射は簡単に理屈を越えてし

まいます。

 

はたして迷彩服を着て、ジャングルだと思っ

て町を歩くとか、NASATシャツを着て自分は

宇宙飛行士だと思って、科学的に対処しよう

とするとか、それらが有意な条件付けを生む

か否かは定かではありませんが、それほど苦

痛ではないので、やってみようと思います。

 

条件付けにならないまでも、強迫でテンパっ

ているときに迷彩服やNASAワッペンを見る

ことで、我に返ったり、気持ちを後押しして

くれるのであれば、利用してみれば良いと思

います。

 

すでに罹患して15年は経ちますが、試行錯誤が

続きます・・

強迫性障害。なぜ迷彩服を着ると、外出困難が軽減される可能性があるか?

私は外出すると常にビクビクしています。

人とのすれ違いや、横断歩道を無事に渡れ

たかなど、不安だらけです。それは銃を構

えてジャングルを進む兵隊さんようです(

もちろん想像)。

 

そこで迷彩服を着ることによって兵隊さん

と自分を重ねます。自分はジャングルを無

事通過して生還するのだ・・と。

 

なかなかイメージだけでは難しいですが、

戦闘服を着ることにによって臨場感が生ま

れます。

 

いつもの人とのすれ違いは現地人との遭遇

に変わり、横断歩道はジャングルを流れる

小川と変わります。

 

毎日同じ刺激だと疲弊しますが、刺激が変

わることで気持ちも新たになりやすいです。

 

自分は任務を遂行している・・

ジャングルを無事通過するのだ・・

 

というわけで・・

楽天市場で最も安い迷彩ジャケットを買い、

それを着て町を歩いてみようと思います。

 

もしかすると一発で「こらあかんわ」と終

わる企画かもしれないので、迷彩服は安い

ものでないともったいないです。

 

あまりに臨場し過ぎると、不審者通報され

るので注意が必要です。また近所に自衛隊

広報事務所があって、本物の自衛官が迷彩

服で歩いていることもあるので、そこも注

意が必要です。

 

最安値の迷彩ジャケットは中古で2000円く

らい・・試す価値はあるのだろうか・・

(笑)

強迫性障害。服装で行動療法のモチベーションは上がるか?

子供がマントを羽織るとその気になるように、

私もその気にならないか・・と考えています。

 

このところ私を鼓舞する宇宙飛行士の映画

「オデッセイ」。TシャツにNASAワッペンを

貼ることで、心が折れそうになったとき踏み

留まれないか?

 

無地Tシャツが500円、ワッペンが150円。送

料込み800円ほどでNASATシャツが作れます。

問題はアイロンワッペン。アイロンは実家に

ありますが、実家から持ち帰るのもわずかに

プレッシャー、さらにアパートでアイロンを

使った際の強迫的な火の元の心配もプレッシ

ャーです。

 

作業所にアイロンがあるので、昼休みに借り

ることもできますが、やはり職員の手を煩わ

すことになるので、躊躇しています。

 

そうこうするうちにNASA熱が冷め、Tシャツ

を着てもその気にならない、という問題も生

じるでしょう。

 

どうしたものか・・?

 

次に戦闘服・・

強迫との闘いに、戦闘服もその気になりそう

な気がします。ただ、自衛隊の迷彩服は149

00円で高いです。4000円程度で売っているも

のもありますが、おそらく日本人の体型に合

わないものだと思います。

 

これまで2本の戦闘ズボンを買いましたが、

ひとつはイギリス製、もうひとつはアメリ

製、どちらもお尻が窮屈で、前面はダランと

しており、履き心地の良いものではありませ

んでした。そうなると、日本製の自衛隊の迷

彩服が手堅いのですが、高い・・

 

さらに、常々不審者通報を恐れる身としては、

迷彩服を着ないほうが良いでしょう・・

 

どうしたものか・・?

 

誰かに相談するにはくだらなく、かといって

結論が出ず、そうこうするうちに熱が冷めて

しまうので、どうしたものかと思っています

・・そんな私はすでにおじさんです(笑)