認知症両親・実家での確認すべきところは?

朝、実家に着くと、まず貴重品の確認を

します。

①父の財布

②通帳と印鑑

③札入れ

このうち、どれかがないと、父が騒ぐことに

なるので、まずこれらを確認し、無ければ

探します。三つのうち、ひとつは概ね定位置

に無く、探すことになりますが、比較的簡単に

見つかります。

 

次に電気、電話の動作確認をします。

①エアコン

②電話

③テレビ

エアコンは冷暖房の設定、リモコンの置き場所、

等に注意します。父は細かい設定はできないので、

電源スイッチを入れるだけで機能するようにして

おきます。冬に冷房が設定されていることも

しばしばなので、確認が必要です。介護スタッフ

も操作できるよう、また父からの「エアコンの

点け方がわからない」といった電話に対応しやすい

よう、リモコンは定位置に置きます。

 

電話は、コンセントが抜けていて機能しない

という問題がほとんどですが、老朽化や、冬の

気温低下で、ボタンを押しても機能しない等の

問題もあり、動作確認が必要です。

 

テレビは本体の電源スイッチ、リモコンの設定等に

注意します。本体の電源スイッチを切ってしまい

テレビがつけられない、リモコンではBSから地上波

への切り替えができずテレビが観られない等の問題

が起きがちで、確認が必要です。

 

これらは概ね、夜間になってから、父から機能

しない旨の電話がかかってくる場合多く、電話で

誘導しても父はほぼできないので、日中、準備

しておくことが必要です。

 

ガス関連も要確認です。

①ガス警報器

②ガスコンロ・スイッチ

③コンセント・カバー

ガス警報器はコンセントを抜いていないか

確認するだけです。

 

ガスコンロは、押してはいけないスイッチを

固定してあるので、それが動いていないかの

確認です。

 

ガス警報器と電話は、コンセント・カバーを

使っていますが、しばしばカバーが取れて

いるので、付け直します。

 

その他。

①郵便物

②汚染した服

③市の指定ゴミ袋

④庭木

郵便物は、父宛てのものがどうしても届き、

自動車保険の契約書といった比較的重要な

ものも、行方不明になりがちなので、捨て

たり、おかしなところにしまい込まれる前に、

回収しなければなりません。

 

汚染した服は、放置しておくと洗濯が難しく

なるので、汚染したまましまわれてしまう前

の回収が望ましいです。

 

市の指定袋以外でゴミを出してしまうのは

相変わらずなので、普通のビニール袋を回収

し、指定ゴミ袋に変える、もしくは入れ直し

ます。また、指定ゴミ袋がないと、介護スタッフ

がゴミを出せないので、補充します。

 

冬場はそうでもありませんが、春になると

庭木の伸びが速く、隣の庭に突き出したり、

道路標識を隠したりと、注意が必要です・・

 

私は、強迫性障害による確認が病的なので、

確認作業に時間と神経をかなり使います。

それがなければ、もっとパフォーマンスが

上がるのに・・と思いますが、おそらく

実家での確認作業が強迫を悪化させている

ので、状況の改善は難しいように思います。

確認強迫で不審者扱いされました。実害は少々ですが、心が折れます。

常々午後、実家を出てアパートに帰りますが、

その頃には火の元など、実家の気になるところを、

さんざん確認してから出るので、完全に強迫脳に

なっています。

 

いざ、門から出るときも、自分が歩いた道のりを

(何かやらかしていないか?)振り向いて確認した

い欲求が非常に強いのですが、このとき親が見送り

のつもりで、こちらをジーッと見ていることが多く、

なかなか思うように確認ができません。(人に見ら

れていると、確認が難しい、もしくは集中できません)

 

なので、少し離れてから遠目に振り向いて確認をする

ようにしています。問題は住宅街なので、実家から

離れても、そこは誰かの家の前なので、そこでボーッ

と立つことになります。(実際は、ボーッとではなく

道をガン見しています)

 

私が実家方向を見ているのが気になった近所の人が、

一旦家に入り、家の中から父親を呼んできて、2人で

私をジーッと見ていました。このときいっそ話しかけ

てくれたら、「そこの家の息子です」と応えられるの

ですが、遠目に眺められると説明しようがありません。

 

やむを得ず、さらに50m離れて実家方向を見ようと移動

したのですが、その2人は尚も私を見続けていました。

 

彼らの視界から離れたらいいのですが、こちらも病的に

実家方向を見たい状態にあるのでなかなか離れられません。

 

結局、根負けし、彼らの視界から離れ待機し、しばらくして

から戻って確認することになりました。

 

近所の人なので、私は彼らを知っていますが、彼らは私が

わからなかったようで、不審者と解釈されたと思っています。

 

好意的に取れば、私がヘルプマークをつけているので、不審と

まではいかず「あの人、大丈夫か?」くらいだったのかもしれ

ませんが、しばらくその道が使えないという実害少々と、

しつこく奇異なものを見る目で見られたというのは心に堪え

ました。実際、翌日、寝込みました。

今日の認知症父からの電話。このペースだと私がもちません。

今日は私がアパートに戻ってから、

16:50~18:00までの間に8回電話がありました。

1件目・日にちの確認

2件目・日にちの確認

3件目・日にちの確認

4件目・「自転車の鍵がない」

5件目・「自転車の鍵がない」

6件目・「自転車の鍵を隠したのはおまえだな」

7件目・「引きずってでも自転車屋に行って鍵を付けてもらう」

8件目・「引きずってでも自転車屋に行って鍵を付けてもらう」

といった内容でした。

 

以前から、両親はしばしば現在が年末だという

勘違いしており、最初の3件は今日を12月30日、

12月31日あたりと思って日にちの確認をしています。

このとき私が、現在5月であることを伝えていますが、

4~5件目では、また年末と勘違いしており、年末年始の

買い物に行かなければとの思い込みで、自転車に乗ろう

としていたのだと思います。6件目以降は自転車(二輪)

が動かないことに癇癪を起し、私が鍵を隠したと妄想し、

意地になって自転車屋に行くと言ったものと思います。

(自転車の鍵は父がなくしています)

 

年末年始ではないので買い物に行く必要なし、また

どうしても行くなら三輪の自転車で行くよう言います

が、聞き耳を持ちませんでした。最終的に、二輪の

自転車を自転車屋に引きずって行くなら行くでやむ

を得ずとしました。

 

配食サービスに来る介護スタッフには、その状況と対応

困難の可能性を電話で伝えました。途中、母も電話に出

ましたが、頭が混乱しており、両親共に混乱している状況

でした。

 

その後、介護スタッフから報告の電話を受けましたが、

「いつもと変わらなかった」とのこと。どうも配食

サービスが届いたことで頭がリセットされたようで、

両親共に笑顔で対応していたとのことでした。

 

父からの電話はいつものことではありますが、

このペースで電話が続くと、私がもちません。

認知症父が認知症母を連れ、外を歩いているとの連絡あり、ゾッとする。

夕方、実家から自分のアパートに戻った

ところに、介護スタッフから、電話があり、

「父が杖を持ち、背広風の服を着て、母を連れ、

どこかに行く感じで、外を歩いている」との

報告を受けました。

 

それから10分後、介護スタッフが連れ戻す

ために実家に向かったところ、すでに両親は

家に戻っており、そわそわするといった

変わった様子もなかったようです。

 

もしかすると、杖ではなく”ほうき”で、

父が背広風の服を着ていたのは、羽織る

ものがなかっただけで、母の家周囲の掃除

に付き合っていただけかもしれません。

 

父が母を連れ外出するということは、

原則ないことです。母は外出をかなり

嫌うので、よほどの切迫した理由が無い

限り、連れ立ってどこかに行くといった

ことは考えられません。

 

それだけに、この報告はゾッとしましたが、

前提がちがっていれば、話は全くちがうもの

になるので、結論的に、掃除、もしくは家の

周囲から庭木を眺めていただけ、といった

可能性が高いです。

 

後日、父に説明を求めたところで覚えていない

ので、この一連の行動は謎のまま終わると思い

ます。

 

ちなみに私は、夕方、アパートに帰ってきた頃と

いうのは、帰り道の強迫症状で、頭がショート

しており、かなり調子の悪いタイミングです。

そんな時の連絡だけに心底、ゾッとします。

連絡を受けてからは、実家へ戻ることを覚悟

しつつも、さっぱり何も手につかない状態でした・・

認知症父が、せん妄状態でいろいろなところに電話してしまう問題と、その対策を検討。

先日父が、建具の業者さんに電話し、仕事を

依頼した件も問題ですが、常々、せん妄状態

で父の元職場や、あまり電話してほしくない

叔父に電話してしまい、迷惑であったり、縁

が切れなかったりで、自由に電話をかけられる

状態が問題化しています。

 

結論的に対策としては、

①固定電話を解約。

②発信制限可能な携帯を

使ってもらう。

というのが、良さそうですが、残念ながら

父にはハードルが高いです。

 

新しい機械は、スイッチを押すことさえ困難

なレベルの父ですので、携帯は使えないで

しょう。タッチパネルのスマホは論外。限り

なく固定電話の子機に近い形状の携帯なら、

もしかすると使えるかもしれません。現在、

調べた限りではソフトバンクプリペイド

携帯などが、辛うじて候補です。

 

試験的に、プリペイド携帯を購入し、固定電話は

電話線を抜き、様子を見てみるしかありません。

軌道に乗れば、固定電話を解約し、携帯に移行

できると思います。

 

固定電話には、発信制限という機能がないので、

携帯であることは必須条件です。発信制限という

機能は、子供が携帯を持ち始めてから生まれた

機能らしく、携帯に限られます。

 

この件も、徐々に調べていこうと思います・・

認知症・両親の実家。通帳や印鑑が無いと寿命が縮みます(?)。

朝、実家に着くと、まず貴重品の確認をします。

貴重品が定位置にないこともしばしばですが、

比較的簡単に見つかります。

 

今朝は、通帳と印鑑が定位置に無く、また

簡単には見つかりませんでした。以前は、

定位置に無い時点で冷や汗が出ていました。

なぜなら、この通帳・印鑑問題は私が退職に

至った大きな誘因だったからです。当時、

父の口座から600万円の使途不明金があり、

私が通帳と印鑑を預かることになったのですが、

父がそれをすぐに忘れてしまい、毎日、何度も

父から電話がかかってきていました。

”通帳がない”と騒ぐ内容、”通帳を返せ”と騒ぐ内容、

説明してもすぐに忘れてしまうので、その繰り返し

でした。

 

それから随分時間が経っても、その当時の影響で、

”定位置に通帳がない”というだけで冷や汗が出て

いました。最近、やや改善したのは、当時の記憶

が薄れてきたことと、比較的に簡単に見つかるので、

解決容易な問題と捉え始めたからだと思います。

 

ところが、今日はなかなか見つかりませんでした。

探していることが両親に露見すれば、また大きく

混乱するので、両親に気付かれないよう探さなければ

なりません。途中、父が体の下に敷いているのでは

ないか?と、やむを得ず別理由を付けて起きてもらった

りもしましたが、見つかりませんでした。「とうとう

捨ててしまったか・・」という思いがよぎりつつ、

郵便局への紛失届の手続きが頭をよぎりつつでしたが、

探し続けた所、結局、保証書等が入っている引き出し

で見つけました。通帳・印鑑の上を保証書が覆っていた

ことと、父のすぐそばの引き出しだったので、しつこく

探せなかったのが災いしたようです。

 

今日は、この件だけで一日のパフォーマンスは充分では

ないか、という思いと共に、いつものルーティーンの

始まりです。

 

寿命が縮むとまでは言いませんが、私の頭は治りそうに

ありません・・

強迫性障害、後ろも見えるサングラスは行動療法に寄与するか?

振り向き確認の矯正のため、

後ろも見えるサングラスを購入しました。

(正式名なし、ストーカー対策等、1280円)

使用し始めて3週間程度、手応え、効果等は

不明です。

 

サングラスのレンズの両サイドがマジックミラー

になっており、前方も見えますが、後方の景色

がミラーに映ります。

 

ミラーは目に近いので、ピントを合わすのに

やや苦労します。また後ろの景色も鏡に映った

景色だけに、正確に認識しにくいです。

 

現時点では、サングラスは手に持ち、振り向き確認

をしたいときにかけ、ミラーに映った景色を見るよう

にしています。

 

それまでに振り向き確認をし過ぎて、気分が悪い

状態のときは、振り向かずに後ろの景色が見える

ことにホッとしますが、常々は、本来振り向いて

ガン見したいのを我慢して、見にくい鏡越しの景色

で確認するので、ストレスです。

 

その行動が、(振り向き確認をしない)と

(振り向き確認をする)の中間位に属し、行動療法の

負荷に値するか否かが論点ですが、現時点ではわかり

ません。

 

レンズの両サイドがミラーになっているだけに、

視野が狭くなります。ミラー部分でも前方が見え

ないこともありませんが、あくまで鏡像がメイン

です。また前方を見て歩いていても、視野の両端

で鏡像がチラチラするので、見え方としてはスッキリ

せずマイナスです。これらがサングラスを原則手に持つ

理由です。

 

少なくとも、振り向く回数を少なくすることは

可能です。ただ、それが条件反射的な刷り込みで、

振り向き確認が軽減するかは不明です。

 

ひとまず、3か月ほど使ってみて、様子を見るしか

ありません。

 

現在、後ろを見たくなったときは、一旦止まって

サングラスをやや手で押さえ、アングルを調整し

鏡像で後ろを確認します。その姿もおそらく

挙動不審でしょう。

 

見て確認したいポイントに人がいる場合、

振り向き確認では、その人もジロジロ見ること

になり、見られたほうは不快に感じることと

思います。その点、ミラーで見る場合、そこを

見ているということは、原則気付かれないので

この問題はカバーできると思います。

 

ただ、距離が近い場合、明らかにミラーを使って

後ろを見ていることがバレてしまうので、中間距離

以上の後方確認が適していると思います。